梶谷健太
梶谷健太さん(24歳)

おいおいおいおい~、オジサン(←自分のこと)おったまげですわ。
クリース入りのチノをダブルブレストのジャケット(しかもグレンチェック)で合わせるなんて相当なベテランやろ?

と思いきや、なんと彼、24歳やねん。
マジかいな、サバ読んでないやろな、梶谷さん、いや、年下やから梶谷くん。

でも、こういうスゴ腕な若者を発見すると本気でアガるわ。

ジャケットは、身体に吸い付くような美シルエットで定評を得ている「ロイヤル ヘム」で、
パンツは「インコテックス」、そして同色の「ジョンスメドレー」のカーデをチラ見せして、
ブラックのタイで胸元をグッと締める。で、足元は「オールデン」のタッセルローファーやねん。

しかしタッセル選ぶ時点で相当やわ。
そしてアイウエアは、
梶谷健太_2
「白山眼鏡店」の鼈甲柄フレーム。

もう一回聞くけど、ホンマに24歳?



最後に、タッセルローファーを本当に上手く履いてるのでちょっと寄って撮ってみました。
梶谷健太_1
ソックスとレングス丈でウマ~く今どきっぽさを出しとるわ。
ちょっと寸足らずな足の甲にギリギリ当たるくらいのこの長さは参考になるな~。

そこにグレーのソックスでジャケットとの雰囲気も統一してんねんけど、
あえて白ソックスを持ってくるのもオススメ。
ただ、難易度はかなり上がるので、その場合はヤケドせぇへんよーに気を付けてな。





oc_kansai森島 久-Hisashi Morishima-Kobe-Osaka writer
モデル、3児の父。11歳のときに古着の魅力に目覚め、ヴィンテージアイテムのコレクションを始める。そのアーカイブを元に、現在は“古着キュレーター”や、デニムブランド「BONCOURA(ボンクラ)」のデザイナーとしても活躍。ちなみに、「オーシャンズ」街角パパラッチ特集では、2011年2月号をもって“殿堂入り”を果たした。

幸田太郎(スタジオルーツ)=写真